未分類

コロナウイルスで世代間格差が是正され現役世代が助かる、という考え

投稿日:

これは私の友人が言ってた主張で私の主張ではないのですが・・・

コロナウイルスにより世代間格差がなくなるかもしれません。コロナウイルスは若者は死なず、基本的にご老人の死亡率が高くなっています。

ご存知の通りいま日本では老人の数が多く、彼らの年金や医療費を負担するため、現役世代は多額の社会保険料を支払う必要があります。このため現役世代にはお金がなく、子供を作ることが出来ません。

この亡国への道をなんとか食い止めるためにも、政治が動いて日本の富をできるだけ現役、子育て世代に移転させる必要があります。しかし日本は民主主義です。お年寄りが多いので、「お年寄りから現役世代に富を移転させます!」なんていう政治家は当選しません。ですので、いつまでたってもお年寄りはできるだけ負担せず、現役世代の負担が増え続けるという、いわば亡国の道へと一直線ということはすでに決定しています。

厚生年金支払いの対象者が増えるという記事が本日の日経新聞にありましたが、これはお年寄りが増えているのでできるだけ年金の負担者を増やしたいから、というのが理由です。そもそも厚生年金のうち半分は「今のお年寄り」への年金支払いに消えてしまいます。現役世代からお年寄り世代への富の移転といえます。これで少子化が止まらないわけがありません。

ここでコロナウイルスです。コロナウイルスにより多くのお年寄りが・・・と想像するのは恐ろしいことですが、年金財政・医療財政を考えると現役世代の負担が減ります。現役世代にお金が行き届くことで、「子供を作ろうかな」「2人目・3人目を作ろうかな」と思う夫婦が増えるかもしれません。

以上は私の友人の主張ですが、実は内心そう思っている人は多いのではないかと思います。私は思ってませんよ?

以上のように「民主主義制度では、数の多いお年寄りに有利な政策しか実行できない」「お年寄りに有利=現役世代の負担が爆増する」「現役世代にお金が無いから子供が出来ない」そして亡国へ・・・というのが今の日本の姿です。

しかしながらコロナウイルスでこの状況が変わるかもしれません。

ちなみに厚生労働省はこちらのページで「全国の若い世代のみなさん」にこう呼びかけをしています。

「10代、20代、30代の皆さん。
若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。
でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、
重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。
皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、
多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。」

20代・30代の、お年寄りのために頑張って社会保険を支払っている世代は満員電車で通勤しているので、人が集まる風通しが悪い場所を避けることはできません。というか60代以上の人が熱が出ているにもかかわらず国内を移動して移しているのではないでしょうか?このニュースでは千葉の70歳の女性が発熱後に飛行機にのって国内旅行しています。なぜ10~30代だけに呼びかけるのか、理解できません。

このようにわざわざ10代、20代、30代のみに限定して呼びかけるとは、現役世代の反感を買い、世代間の対立を悪化させるような気もします。

こんなこと考えるのも嫌ですが、そういう考えを持つ人が出てくるというのが日本の閉塞感を示しているものと思います。

どちらの国のほうが投資するのにいいでしょうかね?

-未分類

Copyright© 南越男のフェラーリ&ベトナム株投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.