人生戦略

安定したハイスペック男子がますます輝く時が来た

投稿日:2020年3月24日 更新日:

コロナショックにより、世界中で失業率が上がりそうです。失業はしないまでも、給与カットを断行する企業も多くあるようで、不景気の風が吹きつつあります。

当然ながら夜の街なんて閑古鳥が鳴いており、夜の蝶はパパ活市場に参入してパパ活相場が大暴落と、株と同じ顛末を迎えているようです。

ところで、私は大手日系企業勤務で、財務基盤や収入が非常に安定しているのでリーマンショックだろうが給料は減りませんでしたし、コロナショックでも99%大丈夫そうです。仕事は大変というか、やはりFace to Faceで話をしないと進みませんね。出張できないというのはビジネスを進めるうえで致命的な問題だと思いました。。ITが進んでも、生産性が低いといわれようと、洋の東西問わず人間というのは顔と顔を突き合わせないとダメなんだという事が分かりました。

また、医者というのも収入が安定しています。そりゃコロナで患者がじゃんじゃん病院にやってくるので、収入面では大丈夫でしょう。開業医も全く問題なさそうです。

逆に言うと、これまで高給だった外資系企業社員はもしかしたら給料カットや最悪クビという厳しい状況に置かれるかもしれません。外資にいった友人に直接話を聞いてませんのでどういう状況かは分かりませんが。イメージと違って外資だからっていきなりクビを切るかというとそうでもありませんしね。

何が言いたいかと言うと、ハイスペック男子の中でも「大手日系」「医者」の株がこの3月で大暴騰しているということです。ダウ・日経と全く逆の動きをしています(笑)給料は全然変わりませんので、従来通り月10万~20万くらいを遊びで消費しても全く困りません。(30~34歳を想定)

不況の影が近づく中、女性側としても少しでも安心を得たいということで、安定ハイスペック男子は急に人気が出てきたようです。マッチングアプリでも急に「いいね」がついたという声をよく聞きます。実業家といった突き抜けた高収入でなくとも、1000~2000万円は安定的に確保できる、普通の生活はできる、このことの価値が高まっているのが2020年の状況と言えます。

しかしここでハイスペック男子側の見地にたてば、投資対効果をより高めるチャンスでもあります。好況時には「月5万の家賃補助」といった高いエサ代があって初めてハイスペック女子を確保できていたのが、いまやハイスペック女子の相場が大暴落なので「月3万の家賃補助」でもキープできます。さらに「結婚=安定・安心の生活ができる」という夢を見せるだけで「全く補助しない」という場合でも女子をキープできるかもしれません。そうなると、好況時には月5万のコストが掛かったのが、不景気時にはコストゼロでリターンだけ得ることができます。まさに投資リターン無限大ということで、コスパ意識の高い安定ハイスペック男子は「結婚=安定」の将来をチラ見せ戦略で、婚活・パパ活市場に臨むのかなと思います。実際、このブログで出てくる医者の友人はなんと「ラーメン一杯」という破格の値段で女子をキープできているようです。医者の給与明細(美容のバイト先込)をチラ見せすることで、「結婚」を意識した女性側から家庭的なところをアピールされるようです。株と一緒で割安で拾うことが出来ているようです。(私は既婚者ですのでこの戦略は取れませんが…)

まあ30超えた安定ハイスペック男子なんで99%結婚してすでに売り切れ、市場に出てくるのはほぼ100%既婚者です。「結婚=安定」の夢を抱く女性にとっては永遠に夢のまま、という可能性が99%ですが、人生というのは残酷なものです。

-人生戦略

Copyright© 南越男のフェラーリ&ベトナム株投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.