人生戦略

在宅勤務だと金が溜まる

投稿日:

私はとある日系大手企業に勤めていますが、コロナにより4月になってからというもののずーっと在宅勤務で、もう3週間以上も電車にすら乗っていません。が、給料はしっかり入ってきます。

在宅ということで自分が何をやっているのか誰も監視する人もいないですし、たまーにメールで上司に仕事やってま~す、と報告すればOKです。

世界の大企業はどこでもそうですが、私がつとめる企業も「意味のある仕事」よりも「社内の儀式・承認プロセス」に重きがおかれており、あらゆる仕事を一切面白くなくする天才的な才能を持つ企業です。どれだけ成果を出しても結局年功序列・・・ということで上から中堅くらいまでは、ほとばしるやる気の無さが隠し切れない社員により運営されているという絶望的な状況です。

とはいえ非常に安定した需要のある製品を販売していることから、キャッシュフローは全く問題なく、社員の給料も一切減りません。社内の経理部門の仲が良い人に聞いてみたのですが、コロナ騒動があと2年以上続いても給料では全く問題がないようです。

何が言いたいかと言うと、「クソだクソだと思ってた勤務先」ですが、コロナ下の世界では「最高の勤務先」ということになっています。私は人間万事塞翁が馬という格言が好きですが、まさに駄目だと思ってたこの環境がベストになるという状況になり人生とは何が良いのか分からないな、と実感しています。

在宅勤務になって、給料も減らず、まったく消費をしていないのでお金が思ったより貯まります。私は駅近に住んでいることもあり車は持っていませんし、株も1億くらいあるから保険にも入っていないので固定費と言えるものは家賃・通信費・水道光熱費・・だけですね。今月は変動費?に相当するものは、家の近くにある自販機で衝動買いしたコカ・コーラ1本だけです。(笑)普段会社に出勤してたら行ってた定食屋も行かなくなり、妻が作る昼飯となったのでこれまたお金を使っていません。食費その他は妻が出すことになっています。

ということで、4月の給料の65%は全て株口座に送金しています。これまでボーナスは全額株口座に送金してましたが、あと1年この調子が続けば2020年は会社のサラリーだけで450万は投資に回せそうです。さらに配当金が年300万ありますし、妻もNISA枠くらいは投資していいと言っているので、我が家は年間870万くらいを投資できそうです。私には子供が1人いるので、80万円を子供にNISA口座に移して日本の成長株でも買って将来の学費の足しにしようかなーと思っています。

在宅勤務マンセー状態ですが、唯一悪いところは・・・仕事とプライベートの切り分けが難しく、家に居ても心がどこかで休まらず、結果このブログもほったらかしてしまいました。。久々にグーグルアドセンス見ると広告収入が先月の1/3くらいになってるし。。微々たるものなのでどうでもいいですが、せっかく今年に入って一念発起して始めた副業ですしきちんとブログも更新しようかなと思います。

さて株ですが、私は日本株・米国株・外国株(駐在時に作った外国の証券会社)を保有していますが、コロナ前と比べると米国株が若干マイナス、日本株が絶好調、外国株がマイナス15%くらい・・・となっています。ベトナム株ですが、タックモー水力発電しか保有してませんがマイナス10%くらいですね。。までも配当金は出るし10年保有すれば問題ないかなと思っています。

今回のコロナ相場を受けて、改めて私の強みは日本の中小株だという事がわかりました。機関投資家がフォローしない時価総額が小さな会社は、会社の価値と株価に乖離が起こりやすく、それを拾うというのが私の投資方法です。それで1億を超えて、半分弱を国外の証券会社に送金(日本政府による預金封鎖に備えて)、残り1/3を米国大企業株、残りを日本の中小株に引き続き投資というポートフォリオを組みました。今思うと余計なことせず全部日本の中小株のままにしとけばよかった・・・という状態ですが、配当がメチャクチャ入るようになったのと、誰もコロナなんて予想できなかったですし別にこれでいいかなと思っています。

ベトナム株も良いかんじに下落してるのでそろそろ残りのベトナムドンでビナミルクあたりを購入してもいいかな~~と思います。ベトナム政府のコロナ対応は割とうまく行っているようで、欧米のような悲惨な事態にはなっていません。ベトナム政府は意外と(といったら失礼かもしれませんが)優秀なのかもしれません。そりゃアメリカ相手に戦争に勝ったくらいですし・・。

-人生戦略

Copyright© 南越男のフェラーリ&ベトナム株投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.