教養

日本の学校のカリキュラムは無駄だらけではないか

投稿日:2020年5月2日 更新日:

コロナによる休校で、授業日数が足りず、教育現場はピンチなようです。家で勉強できる家庭・子供はこの間どんどん賢くなりますが、その他の子供は家でyoutubeを見るなりゲームするなりで一切進歩しません。となると学力格差が広がるばかりです。さすがの政府も9月入学を検討せざるを得ないところまでに追い込まれています。9月入学なら欧米と同じなので留学に良いというメリットもありますが、欧米がコロナで9月から4月入学に変えたら笑えない事態となってしまいます。。。

さて授業日数が足りないということですが、私の学生時代と振り返っても、「そもそもこれ授業する意味あるかあ?」という科目がいくつかありました。その最右翼が古文漢文です。古文漢文は2つで1週間に1コマということにして、期末試験はあるけど入試科目ではない、くらいの軽いノリでいいのではないかと思います。その代り、英語なりに力を入れたらいいかなと。今回のコロナで授業日数が減るということなので、体育と古文漢文と音楽美術をカットして、詰め込めばいいかな、と思いますがどうでしょうか?

古文でいうとふと覚えているのが、たしか宇治拾遺物語だったと思いますが、嵯峨天皇と小野篁の話です。大勢が集まる場で嵯峨天皇に対してうっかり失礼なことをした小野篁は、天皇から「子子子子子子子子子子子子」を何と読むんだ!と問われて「ねこのここねこ ししのここじし、猫の子仔猫、獅子の子仔獅子」と見事に読んで場の空気を「オー」と明るくして事なきを得た、何事も芸が秀でると助かるよね、みたいな話ですが、、、いやこんなの必要かよ!?と思います。というかこんなクソ面白くないのよりも、太平記とか軍記物のほうがよほど面白いのに、古文を嫌いにしたい悪意があるとしか思えないような題材ばかりが入試に出るので国民の99%が興味を持たず卒業、その時間は英語でもやっといたほうが人生を豊かにした、という残念な結果になっているように思います。

あと倫理なんかもどうかな?と思います。そりゃ過去の思想家がどう考えたかを勉強するのはいいことだと思いますけど、私から言うと他人の妄想をひたすら覚えさせられる苦痛でしかなかったです。ただし、マーケティングなど人の心をつかむ仕事には活かせる部分はあるのかなと思います。キリストもムハンマドも最高のセルフプロデューサーといえますし。アップルなんか半ば宗教じみていますが、そのおかげで高い利益率を誇っています。

他国の教育カリキュラムがどうなってるのかは知りません。イギリスのパブリックスクールではギリシア哲学とかラテン語とか未だにやってるのかもしれませんが。。。までもそういうのは大学の一部の研究者が頑張れば良くて、10代の学生に広く勉強させる意味ってあるのかな~と思います。そりゃ知らないよりいいですけど、果たして「人類がより快適な暮らしをするため」「自分と家族が世の中をうまく渡るため」に必要なものなのかな~と疑問に思います。特に日本は国力が傾いている中、漢文のレ点とかに時間を消耗している場合ではないと思いますが・・・。とはいえ私の大好きな(亡くなってしまいましたが)祖父祖母が漢文古文の先生なので何とも微妙です。。というか宇治拾遺物語の内容覚えているので私も実は古文の才能があるみたいなのですが。。それでも社会人となってから逆算すると、真っ先に要らない科目になるのかな~と思います。。もはや古文漢文に力を割くほどの余力が日本にあるのか。。。温故知新も大事ですが、今の時代は世界中の人が英語で情報交換する時代です。大切なアイデア・思想を得るには英語がないと話にならない時代です。もっと英語に力を入れるべきではないか、このように思いますがどうでしょうかね?

-教養

Copyright© 南越男のフェラーリ&ベトナム株投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.