人生戦略

コンサルって頭悪いビジネスモデルと思うけど

投稿日:2020年5月13日 更新日:

私は大企業勤務ということでたまに人事部の研修を受けさせられます。ハーバードMBAのケースを読んで発表したり、財務の勉強をしたり、マーケティングの勉強したり、、、、いやもう私はノンビリとサラリーマンしたいのに意識高い講師に「一流ビジネスマンになれ!!!」とはっぱを掛けられるのしんどいんですけど。。。と思ってダルい態度を隠せない感じで受講しています。

そういったいわゆるサラリーマン向け社内研修の講師で、元大手コンサルティングカンパニーを経てビジネス講師になった!!!という人が多いように思います。大手コンサル・・・まあすごい人なんでしょうけど、なんというかコンサルって労働集約的な仕事なので、労働時間がメチャクチャ長くて大変そうなんですよね。。

よく考えると、我々人間は「労働」からお金を得るか、持っている「資本」でお金を得るかの基本2パターンで稼ぎます。どういう労働をするにせよ、「楽に稼ぐ」つまりぼけーっとするだけでお金がもらえる労働というのが私の理想です。死ぬ思いをして働いて、高いお金をもらっても、人生面白くないですよね~。奴隷労働を避ける保険として、株にも投資していく、というのが私の人生戦略です。

コンサルの話に戻りますが、顧客の問題解決のために、朝から晩までデータ集め整理とパワーポイント作成・・・これは大変です。頭を使う仕事というのは体を動かすよりも実はしんどくて、毎日長時間こんなに働いたら寿命が縮みます。コンサル出身の研修の講師からは「ロジカルシンキング!ロジカルロジカル!!!」とやたらロジカル推しされるのですが、ロジカルに考えたらもっと楽な商売すればいいのに・・と醒めた目でみてしまいます。

そもそも、ロジックだけでビジネスがうまくいくなら、頭いい人からお金持になっているはずです。でも現実はそうなっていません。ビジネスなんて不確実性の塊で、ロジックも大事ですが野生のカンというのも非常に大事でしょう。

頭のいい人しか大手コンサルに入社できませんが、大手コンサルでサラリーマンをする、というビジネスモデルは頭良くないな~~~と思いました(笑)きわめて失礼な言い方ですが。。。やはりサラリーマンとして頭がいい働き方というのは、日本企業にはいってクビにならない正社員の地位をゲットし、楽な部署でノンビリすごす、もしくは外資系なりファンドに行って高給を得る、この2択かなと思います。私は前者を選びましたが、今みたいなコロナ危機の下では、最適な戦略だったな~~~と思っています。給料は固定ですが、株の収入ならしっかり分析して投資すれば青天井です。サラリーマンは適当に、株を頑張っていきたいと思いますね。

就活生には、よほど頭を使うのが好きという人を除くと、大手コンサルはやめたほうが良いんじゃないかなと思います。なぜか就職偏差値では戦略コンサルは上位に位置していますが、本当に不思議でなりません。とはいえ、大手コンサルを経て、ファンドで高給を得るもしくは日系企業でそこそこの給料で楽な部署に入る、こういうキャリアパスのために、一時的にキツイ仕事を頑張る、、と言う戦略ならまあアリかと思いますね。

-人生戦略

Copyright© 南越男のフェラーリ&ベトナム株投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.