フェラーリ株

フェラーリ株分析

投稿日:

さてベトナム株ブログとしてスタートした当ブログですが、結局中の人がフェラーリを8000万円くらい買うという暴挙に至ったせいで完全にフェラーリ投資ブログとなりそうです。

までもこのブログで稼げたアドセンス代くらいはベトナム株を追加投資しようかなと考えています。

フェラーリを買った根拠を書いてなかったので、ここに記載したいと思います

フェラーリは言わずと知れた高級車メーカーで、お金持の男性向けの高級おもちゃを販売している会社です。事業内容は誰でも知ってるので、まずは財務数値を確認したいと思います。

  • 売上と利益は基本的に年々上がっている。利益率も上昇トレンドである。
  • バランスシートは負債がやや多いが売上利益キャッシュフローが安定しているので問題ないレベル。
  • 営業キャッシュフロー>投資キャッシュフロー+財務キャッシュフロー がずっと続いており健全である。

財務数値については全く文句が無い状況という事がわかりました。

次に売上台数を確認したいと思います。

ネットに便利な表がころがっていたのでここに貼ります。

販売台数は徐々に上がっており、2019年はおよそ1万台となっています。これをみると、欧州・中東そしてアメリカで75%以上の売上を上げています。今後新興国でもどんどんお金持が増えていくと想定すると、まだまだ売上拡大の余地があります。特にアジア地域での売上UPは期待できそうです。

フェラーリの販売台数戦略は「需要より1台少ない数を売る」という素晴らしいものです。これにより価格をキープすることができます。世界人口増・さらに人口増加率を上回る富裕層の増加を考えると、まだまだ増産の余地はあるかと思います。あまりに増産しすぎてブランド価値がなくなると困りものですが、わずか年間1万台だけですし、これから30年後には年間3万台くらいの生産でも大丈夫なような気もします。

もっとも怖いのは欧米と中国の仲が悪くなって、中国向けに売れなくなったという事態が発生することですが。。そもそも台湾・中国・香港だけで2019年は836台、全体の8%しか売ってないので、中国リスクはそこまで大きくないといえます。

ではフェラーリの高級車市場におけるマーケットシェアを見ていきましょう。

おおよそどの地域でも高級車市場の25%程度を取れているという状況です。

フェラーリと競合の販売数の推移を確認します。

赤い線がフェラーリの販売数、白い線が競合の高級車の販売数です。白い線がリーマンショックなどで下がっている(販売数が減少している)のに対し、フェラーリは販売数が順調に右肩上がりとなっています。他の高級車と違い、フェラーリは不景気でも問題なく販売数をキープできていることがわかります。

フェラーリでは納車までにフェラーリユーザー同士の交流会を主催してくれるようです。ここで知り合った富裕層同士がつながって、新たなビジネスが起こることもあるようです。フェラーリは高級車だけでなく富裕層のマッチングという機能もあり、これは強力なビジネスモデルであると思います。

私が主力として投資する株の特徴として

・絶対的な低コスト(当ブログですとタックモー水力発電)

・無形資産(政府のライセンスやブランド)

・スイッチングコストが高い(ソフトウェアなど競合に乗り換えるコストが高いので、価格が高くても今の製品を使う)

・ネットワーク効果(大手SNSのように使う人が多ければ多いほど価値が高く、他の製品に乗り換えにくい)

以上のどれかの特徴があります。これにより高収益が実現できています。

フェラーリの場合は、「ブランド」という無形資産が高収益の源泉でありますが、いろいろ情報収集すると、上記富裕層マッチングのような「ネットワーク効果」の面も一部あるように思います。

フェラーリはイタリアという芸術の国が作りだした高級車メーカーであり、競合が真似しようとしてもフェラーリに比する高級車メーカーをつくることは無理でしょう。日本もそうですし、ベトナム製の高級車は多分永遠に現れないでしょう(ベトナムが悪いのではなくイタリアという何となくおしゃれなイメージがある国はほとんどないです)。

2020年のコロナ禍により工場を閉鎖したことで、生産台数が激減しており2020年の売上利益は期待できそうにありません。しかしコロナ禍にともなう金融緩和で貧富の差は今後もますます広がること・富裕層の絶対数が増えることを考えると、目先の利益はダメでも将来性に賭けて投資してもいいのではないかと考えました。その結果、日本株、マザーズバブルで儲けた一部の8000万円をフェラーリに投資しようと思い、投資しています。

以上のように当初のブログの趣旨から思いっきり外れて、フェラーリ株集中投資ブログとなってしまいましたが、ベトナム株の分析は今後も続けたいと思います。

ちなみに私はフェラーリのRoma、これいつかほしいですね~(笑)資産10億円を超えたら検討してみようかな!?

-フェラーリ株

Copyright© 南越男のフェラーリ&ベトナム株投資 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.